2007年03月25日

飯島愛アトガマ2億 争奪戦勃発!

3月末で引退する飯島愛の後釜を女性芸能人が虎視眈々と狙っている。
飯島は「サンデージャポン」「ウチくる!?」「金曜日のスマたちへ」などレギュラー4本を持ち、タレントの格ではAクラス扱い。一本のギャラは推定100万円は下らない。単純計算で周400万円、年50週で2億円を事務所にもたらしたことになります。NTTパーソナル等のCM契約料も入れると、さらに金額は、跳ね上がることになりますね。(芸能プロデューサー談)
飯島の抜けた穴を⇒ranking


この続きは→>>GEINOUZINRANING>>
同じ事務所の後輩、中川翔子安部麻美ギャル曽根らで埋めようとしている→>>【画像】GEINOUZINRANING>>

しかし、バラエティーの女王の飯島の代役としては力不足と考えているのか、テレビ局は別の女性タレントを探している。すでに「ウチくる!?」はNHK出身の久保純子をワンポイントリリーフとして起用。

しかし、「クボジュンのお上品振りでは、ヤンキーあがりの飯島とはオーラが違う」とブーイングが→>>【画像】GEINOUZINRANING>>

その結果、同類系のライバルがそれほど多くないことを知った鈴木紗理奈MEGUMI若槻千夏大沢あかねらが、後釜狙いの候補として張り切り始めている。

「もとAV女優やグラビアタレントで、今は゛卒業゛した不良性感度の高い女性タレントを探し、飯島のようにしたてあげて再売出しの準備をしている事務所も少なくない」(ワイドショーデスク内談)→>>【画像】GEINOUZINRANING>>

飯島が7年前に出版した半自伝的小説「プラトニック・セックス」はAVや性病感染、整形手術などの経験をカミングアウトしたことで、男性ファンばかりでなく同世代の女性たちに衝撃とともに、共感をあたえ、映画化やテレビドラマ化もされ、彼女の今までの実績の重要な礎となっているものである。

そんな特異なキャラの持ち主であった飯島の後釜は、事務所の作為的販売戦略やテレビプロデューサーによるクライアント優先の売らんがための人為的販売方法では、とても創られるものではないし、べきものでもない。

それは、見る側(視聴者)が潜在的に求めている何かに応えられる。その時代の代弁者が自然発生的になるべきではないだろうか。

さらに芸能中毒になりたい方は、コチラへどうぞ!
今日の芸能人ランキングのココがスゴイ!

浅田に落とし穴!安藤は完璧で2位発信!
詳細は⇒芸能人Ranking4位「寝ても覚めても芸能アイドル」さんへ

イニシャル4連発!よっぱらって「結婚したい」を連発N・Y!
詳細は⇒Ranking1位エンタメSCOOPさんへ

杏さゆりテレビ進出しない真相が明らかに「実は○○がデカかった」!
詳細は⇒芸能人Ranking9位Stevieの注目!ニュース芸能Factory

banner_03.gif banner_02.gif banner_01.gif  
ブログパーツ
posted by Doctor.Who at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 中毒記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
飯島愛はいわゆる「毒舌系タレント」だけど、ただ失礼な事を坦々と吐く他毒舌系とは違う気がする。視聴者の意見を代弁してくれていたから共感出来た。

今の若手タレントにそれが出来るだろうか?「飯島愛」という確立されたキャラクターに及ぶ事が出来るだろうか?

到底、無理な気がしてならない。
Posted by at 2007年03月26日 12:44

そんな大穴を空ける引退をよく事務所が許可したよなぁ
やっぱコンクリ殺人にかかわっていたんかなぁ

Posted by アニータのへこき動画 at 2007年04月04日 15:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。