2007年03月05日

菊地凛子ピンチ!『バベル』公開に聾唖者モウ抗議!

今日発売の週刊現代で、映画『バベル』の公開方法について聾唖者(ろうあ)を中心に15000人の抗議著名が集まったという。
そのショッキングな内容とは⇒ranking

この記事の続きが気になる方は【ブログランキング】してから読んでいただければ幸いです<(_ _)>日本ではまったく無名だったが菊地が、出演した『バベル』で79回アカデミー助演女優賞にノミネートされ、一躍時の人になった。

ところが、
菊地は『バベル』で聾唖の女子高生を熱演したが、共演した仲間を始めてとする聾唖者と健常者から、上演のありかたに抗議の声があがったのである。

『バベル』での手話の指導などをした手話通訳士の話によると「バベルの試写会に撮影協力した500人以上の聾唖者の方たちが呼ばれたのですが、その日本語版のセリフ部分に字幕がなく、出演・協力したにもかかわらず、聾唖者には、なにをしゃべっているのかわからないのです。

「(映画配給会社)は聾唖者役の主人公が出ても、聾・難聴者の人たちがでていることを知っても、聴こえる人たちのこと意外は無関心なんだなぁ。悲しい気持ちになり、最後まですっきりしなかったです」と、メッセージには聾唖者たちの悲しみが綴られていた。

映画供給会社は「聾唖者の方々の要望に応えたいという気持ちは強くありますが、検討中の段階で詳細についてはまだ申し上げられません」とのコメントのみ。

これは、映画配給会社の問題で、直接菊地凛子には何も罪はないが、菊地の聾唖者役の熱演が世界からも評価され、聾唖者の方たちにも関心が集まっているなか、

映画『バベル』の重要なテーマである『もともと人々は同じ1つの言葉を話していた』というメッセージが万人に伝わることを願うばかりである。

全国ロードショーは、4月28日である。

さらに芸能中毒になりたい方は、コチラへどうぞ!
今日の芸能人ランキングのココがスゴイ!

ブリトニー自殺未遂!奇行連発のあとの悲劇
詳細は⇒芸能人Ranking4位「寝ても覚めても芸能アイドル」さんへ

宇多田ヒカル、離婚原因は父と紀里谷氏の確執!?
詳細は⇒Ranking1位エンタメSCOOPさんへ

水野美紀お笑い番組でキスまで…哀れな「転落人生」
詳細は⇒芸能人Ranking10位Stevieの注目!ニュース芸能Factory

banner_03.gif banner_02.gif banner_01.gif  
ブログパーツ
posted by Doctor.Who at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 中毒記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。